FC2ブログ

Piano Cafe♪

ほっと一息・・・お茶でも飲みながらピアノのお話♪

葉加瀬太郎コンサート♪

今日は、仕事がお休み。

いつもは平日コンサートがあっても、なかなか行けないのですが・・・

今日はグットタイミングで、葉加瀬太郎さんのコンサート!!

来年1月のグランミューズで情熱大陸をピティナの先生方と演奏すると言うことで・・・

本物の演奏を聴ける!!

ラストに来ました~~~情熱大陸!なつかしディスコバージョン




ファンもこれなしに葉加瀬太郎さんのコンサート終われませんよね 笑

葉加瀬扇子?となるものを皆さん振ってました

とにかく、「魅せます」「楽しませます」「聴かせます」が徹底していて

2時間半、あっという間でした~~~

曲の合間の葉加瀬さんのおしゃべりも駄洒落トーク満載で。。。

音楽っていいな~~~って再認識しました。

終わってからも「情熱大陸」が頭の中をぐるぐる回ってます 笑

今日は午前中は、ガーデニングレッスン。

1354156372451.jpg

クリスマスリースをイメージした寄せ植えです。

1354156244880.jpg

あさってはもう12月。

そろそろツリーや玄関リースを出して、

クリスマスの準備をしないとね

スポンサーサイト

このページのトップへ

バッハコンクール in TOYAMA

1353808449230.jpg

今日、バッハコンクール富山予選に行ってきました。

第3回目というまだ新しいコンクール。

そして、富山での予選は今回が初めてです。

ということで、私自身はじめて生徒さんを参加させました。

バッハコンクールといっても、もちろんバッハの曲だけではなくバロック時代の曲を中心にというコンクールです。

下は幼稚園児から高校生まで、100名以上が日ごろの練習の成果を競い合いました。

今年は、ヤマハピアノフェステバル、ベーテンピアノコンクール、グレンツェンピアノコンクール、そしてバッハコンクールといろいろなコンクールに参加しましたが、

それぞれに特徴があり、私も今年はたくさん勉強させてもらいました。

コンクールに生徒さんを出すということは、先生も課題曲を一緒に掘り下げて勉強しなければならないですし、生徒さんへの講評は、ある意味私への指導の講評でもあるからです。

5年生のMちゃんが、「参加してみようかな~」と言ったのは1ヶ月ちょっと前のこと(たまたま発表会のプログラムにバッハコンクールのチラシが入っていたのです♪)

そこから、暗譜、曲の構成、曲想など急ピッチに仕上げてなんとか今日に間に合わせました。

今日の演奏は、いつも通り落ち着いて弾けたかな~

結果は、予選通過

来年2月に東京で行われる全国大会に出場します

審査員の石井なをみ先生が講評で「バロック時代の曲は音楽の基礎です。形式をしっかり理解し、調の持つ性格、キャラクターを感じて弾きましょう。横の流ればかれに気をとられずに、拍感も大切にこれからも練習に励んでください」とおっしゃいました。

先日のバッハ講座に引き続き、バロック時代の音楽の美しさと、奥深さを感じました!

1353807845279.jpg

余談ですが、今日はとても気持ちいい晴れのお天気でした。

北陸ではこれからこんな良いお天気はなかなかないですね~~


コンクール会場まで、自転車に乗っていきました

お陰で、今足が筋肉痛です~~笑

このページのトップへ

インヴェンション指導法♪

昨日、楽器店で「楽しく弾くバッハ、インヴェンション徹底指導法」講座を聴講してきました。

講師は、33年間ドイツでピアニスト、指導者として活躍し、5年前に帰国された樋口紀美子先生。

バッハのふさわしいタッチ、主題の扱い方、調性感、トリルの入れ方・・・

これらを15曲全て弾きながら説明してくださいました!

バッハは、版よってフレーズの取り方や、トリルの記号も様々・・・

そして、自分たちが習った奏法と現在の主流と違っていたりと、指導する時にいつもどれが適切なのか?!と迷っていまいます。

冒頭バッハの書いた文章を、ドイツ語で読んでくださり、その中に「カンタービレ」で弾きなさいと書いてありますと訳してくださいました。

バッハは感情を込めて弾きずぎるなとか、スタッカートで弾きなさいとか日本では言われているようですが、
バッハ自身は「歌うように弾きなさい」と明確に指示してありますと。

これには、目からうろこでした!

そして、樋口先生が、とても強調されていたのは、機械的にこうでなければいけないというのではなく、

前後の流れや、調性、曲のもつイメージから自然と決まってきますよと(これは、かなり高度なことだと・・・自分にはその自信がないから講座に参加しているわけで・・・笑)

そして、1つのフレーズにも1つの演奏法だけではなく、こういう解釈もありますよと実際に弾きながら紹介してくださいました。

最後のまとめは、「みなさんがもっともっとインヴェンションをお弾きになってください!そうすると毎日新しい発見があるはずです。先生が楽しく弾けば、必ず生徒たちも楽しく弾いてくれます!」

やはり、紙(楽譜)だけにらめっこしていてもだめですね~

自分の指で感じ、耳で判断せよということですね

これは、バッハに限らずどんな作曲家でも言える事ですね。

先生も日々勉強(練習)だと、改めて心に刻んだセミナーでした

このページのトップへ

秋も深まりました・・・

1353015494062.jpg
11月も後半・・・散歩コースの公園も木々がずいぶん紅葉してきました。

この時期になると1年を振り返りたくなりますね。

私の今年は「育てる」がテーマだったような・・・

幼稚園の生徒さんが一気に増え、導入のレッスンの大切さを身にしみて感じています。

1353047282156.jpg

1回練習するたびに、1マス。
完成すると400マスというのを小さな生徒さん対象にさせています。

今日は年中さんのIちゃんが完成!

Iちゃんは、体は小さいですが、とてもがんばりやさん。
まだ習いはじめて5ヶ月くらいですが、両手でいろいろ弾けるようになりました。

今日は初めて3拍子のワルツを私と連弾したのですが・・・
うまく弾けなくて泣いてしまいました
負けず嫌いのIちゃん、悔し涙です。
でも。
とっても頼もしいです~~
きっと次回は上手に弾けるようになってるね

1352977443094.jpg

そして、もう一人。
年長さんのSちゃん。
お絵かきが大好きなSちゃんは、400マス以外のところにもたくさん絵をかいてきました!

Sちゃんは、とっても謙遜?で、ちゃんと弾けているのに「無理~~」と言ったりします。
先日もグレードテストをしたのですが、
暗譜できない~~とか言って、ちゃんと完璧に弾けました
来年はコンクールにも挑戦するので、自信をもって弾けるようにサポートしていきたいですね。

誰ひとりとして、同じ性格、ペースのお子さんはいません。

一人一人にあった指導を、これからも心がけていかないといけないと改めて思うこのごろです・・・

1352959832121.jpg

最後になりましたが、昨日フラワーアレンジでスパイラルの花束を作りました。

アシストの枠を使ったアレンジです。
これだと花も少なくて、空間も楽しめます!

このページのトップへ

グレンツェンピアノコンクール 石川地区本選

1352606354608.jpg
グレンツェンピアノコンクール石川地区本選が今日石川音楽堂でありました。

1,2年生の部で生徒さんが出場するということで
応援に行ってきました~~

1352614687616.jpg

このコンクールの特徴は、大きなホールで弾けるということ!

会場の音楽堂大ホールも素晴らしいホールでした。

生徒さんは、とても緊張していて、

おまけに順番も後ろの方で・・・

ステージにあがった様子は、ああ緊張してるな~と。。。

そして、ラストで音をはずしてしまいました。

ステージから帰ってきた生徒さんの目からは涙。。。

実はラストは、レッスンでも何度もはずさないように注意して

そこだけ練習していただけに・・・本人もとても悔しかったのでしょう。

でも。

結果はあきらめていたのに、思わぬ入賞!

それも思った以上によい点数だったそうで、

ミスはミスとして残念でしたが、そのほかの部分で評価されていたのですね。

私も、はらはらドキドキでしたが、

今回ほど賞の重みを感じたことはありません。

コンクールは、賛否両論あると思いますが、

ここまでの過程がとても大切ですし、そして結果を受けてこれからのレッスンにつなげていくことがもっと重要だと思います。

生徒さんとまた二人三脚で、一歩一歩登っていきたいです

このページのトップへ

星のどうぶつたち~星座に登場する動物たちの曲集♪

田中カレンさんの「星のどうぶつたち」という子供のための曲集があります。

この曲集は、星座に登場する動物をテーマになっていて、どの曲もいかにも子供向けというメロディではなく、大人が弾いてもとても美しい曲です。

今回その中から、「おひつじ」と「きりん」を動画にアップしました。

田中カレンさんの演奏のアドバイスも転記しておきます。

「おひつじ」
おひつじ座は、秋の星座です。羊の数を数えながら寝るとよく眠れる、という言い伝えもありますね。
子守唄のようにやさしく弾いてください。




「きりん」
南北に細長い冬の星座です。
左手のタイで結ばれたリズムの音型は、シンコペーションといいます。リズムにのって軽やかに弾きましょう。
右手のオクターブの跳躍は滑らかに。ペダルの踏み方にも注意しましょう。


このページのトップへ

fight~Nコン課題曲♪

動画アップロードしました♪

今回は先月からこれを弾こうと思っていた「fight」

第79回NHK全国学校音楽コンクール 中学の部 課題曲です。

これまでに、「手紙」「エール」と動画アップしてきましたが、

毎年中学生の課題曲は感動します。

たぶん多感な年代の課題曲ということで、作曲者の体験や想いがたくさん詰まっているんでしょうね!

しかし、

選曲したものの。。。後悔。。。。

若さあふれるメロディに、息切れが 笑

ちょっと、しっとりとした「fight」になってしまいました~~

たった4分弱ですが、ミス無く弾くというのも、これまたとっても大変で

何度も弾きなおししました

集中力がなくならないように、心をこめて弾く・・・

ライブとはまた違った難しさがありますね











このページのトップへ