FC2ブログ

Piano Cafe♪

ほっと一息・・・お茶でも飲みながらピアノのお話♪

中学生のレッスンのあり方とは

GWも過ぎ、新しい学年や学校にそろそろ慣れたころでしょうか。

そんな中で、中学生になった皆さんは生活時間が、小学生のころとは大きく変化し、

勉強も大変になって、部活動も、おまけにピアノの練習・・・・

時間がいくらあっても足りない!!!と悲鳴が聞こえてきそうですね。。

私も毎年、この時期は一番中学生の生徒さんに対しては、レッスンに来られるときの表情などいつも以上に気をつけて見ています。

そして、ピアノに関しては、まず完璧を求めず、隙間の時間を見つけて練習しようねとアドバイスします。

どうしても練習できない生徒さんには、楽典をやったり一緒に譜読みを手伝ったり。

そのうちに、自分なりのリズムが出来てきて、ピアノの練習時間もうまく見つけられるようになってくるようです。

画像

中2のUさんも、上手にピアノと部活、勉強を両立させている一人です。

先月グレードも受験して、みごと合格。

昨年は合唱コンクールの伴奏にも選ばれ、ピアノは彼女の生活の一部になっているんですね


中3のSくん。

運動部にも所属し、塾もピアノもがんばっています。

受験生の彼は、「もっといろんな曲が弾きたい」と意欲満々。。

勉強大丈夫?と聞くと、ピアノがいい感じで息抜きになってますとのこと。

Sくんのピアノの距離は理想的ですね。

時間は、皆平等に24時間与えられています。

時間があるから練習するのではなく、

時間は自分で見つけるもの。

これは、私自身にも常に言い聞かせている言葉です
スポンサーサイト

このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する